2000年代以降、20代、30代の若者の3人に1人以上が非正規雇用という状態が続いてきた。若者を取り巻く雇用状況の悪化はそれに伴う貧困化と同時に広く認識されるようになってきた。メディアは、彼らを「フリーター」「ニート」「ネットカフェ難民」「ワーキングプア」「若者ホ ...