「異業種格闘技競争」とも呼ぶべき、「何でもあり」の闘いが始まった。ある業界で常識とされていたルールを覆して、別の業界から新たに挑戦してくる企業が現れるのだ。また、Web2.0が広げた消費者主権の時代が進み、企業同士のつながり、社員同士のつながりが新たな局面を迎 ...