book01752
社会人になってから勉強しなくなる人が多い中、勉強を続ける人に向けた勉強法の本。どれかひとつだけでも続ければ勉強効率が上がるそんな58のルールをご紹介。

励ましと勇気を書店でもらう

私は暇になると書店に行きます。それも大型書店に。書店は私にとって、格好の勉強の場なのです。最新の情報が満載されている雑誌やさまざまなことを教えてくれるハウツー本がたくさんあるので、いるだけでなんだか知識人にでもなった感じが味わえ、いつもワクワクしてきます。書店に入った瞬間、たくさんの本が私に呼びかけてきます。 「よく来たね、さっそく僕を読んでよ!」 「私を無視しないで、早く手にとって見てよ!」ついつい余計な本まで買いたくなってしまい、困ってしまうのですが。書店に行くメリットは本を購入したり、情報を得たりするだけではなく、図書館同様、 知的なエネルギーをもらえ、さらには学習意欲をかき立ててくれること でしょう。 「世の中にはこんなにいっぱい学ぶことがあるのだ!」と。私自身、行くたびに新しく出版されている本の数に圧倒されつつ、どんどん学んで少しでも賢くならなければという、いい意味でのプレッシャーを受けます。また、本業の経営や執筆で行き詰まったときにも書店に行きます。本を眺めたり速読したりすることで、「自分もこの著者(作家)のように、もっともっと努力しよう!」と、やる気をもらうのです。

僕はAmazonどっぷり派なので書店に行くことはだいぶ減ってしまった。基本、新刊をジャンルごとにチェックして定期的にランキングもチェックして見落としたものはないか閲覧します。最近は電子書籍の便利さを享受。新刊は月に5冊程度ダウンロードしています。もちろん紙の本で読みたいものもあるので、電子書籍と両方買うことも。理想は電子書籍で初見、もう一度読みたいものは紙の本も買うというスタイル。2冊分の料金がかかるので効率は悪いですが、お小遣いと相談しながらやっています。

たくさんの人に読んでもらえるブログを書く

ブログは不特定多数の人が目にするものです。多くの人の目に触れる文章を書くとなると、きちんと調べ、勉強していないと恥をかきます。匿名だからといい加減なことを書いていたら誰からも見向きもされなくなってしまいます。せっかく書くのにそれでは寂しい。やはり、たくさんの人に見てほしいという人が多いでしょう。ですから、ブログを書くということは、勉強の観点から見ても非常におすすめです。私は、ブログを書く際、まずブログのテーマを決めます。続いて、ネタ(書く材料)を探し、一覧出しをしたら、その内容が本当に正しいかどうか検証して、そのうえで文章を書いていきます。日々、さまざまなテーマについて書いているのですが、どんなテーマであっても、その際調べたことは、自分の知識となっています。さらに頭の訓練にもなっているようです。ブログを書かないときは、書く日と比べて明らかに勉強しなくなるのが自分でもわかるので、あえて最近は、意地になって毎日、書くようになりました。ブログをしていない、もしくは面倒なのでやったことがないという人もいるかもしれません。しかし、誰もが気軽にできるのが、ブログの特長です。これを機に始めてみるのもよいのではないでしょうか。よくわからないという人は、ブログの作り方に関する本やサイトなどをぜひ読んでみてください。また、友人に相談してみてはいかがでしょうか。

僕は読書の備忘録としてブログを活用しています。読んだ本を可視化できるので、記事がストックされていく楽しみもありお勧めです。長く続けているとPVも増えてきてちょっとしたお小遣いも得られます。広告収入は書籍の購入代にもなるので、ブログをやってみることをお勧めします。

人と同じ努力では人より先へいけない

人よりいい結果をだしたいのなら、人が驚くような『圧倒的努力』をし続けなければ。これぞ、原因と結果の法則だよ」実際に皆が驚くような「圧倒的努力」をし続けてきた彼の言葉には、重みがありました。それからというもの、私は何事にも、特に仕事と勉強において、1・5倍、2倍という「圧倒的努力」を続けるようになりました。その結果、仕事においても成果がでるようになり、周りが驚くような出世を成し遂げていくことができました。努力はもちろん、自身を成長させます。ただ、他人より結果をだす、差をつけるには、「圧倒的努力」が必要なのです。もし、あのままそのことに気づかず、普通の努力をしていただけだったら、愚痴っていた自分のままだったでしょう。「圧倒的努力」を続けることは、今では私の人生の指針となっています。

僕は読書習慣をつけるにあたり、今まで本なんて1ヵ月に1冊読めばいい方だった自分を大きく変えるべく、1日1冊という目標を立てました。週に1冊ぐらい読む人は多いと思いますが1日1冊読んでいる人は意外と少ない。ブログ毎日更新という目標とセットで1日3時間程度(1冊2時間で読んで残りの1時間でブログ記事を書く)費やしています。

受験生や資格の取得に取り組んでいる人、なかなか勉強の成果が上がらないと嘆いているばかりでは自分は成長しません。結果を出すためにできることをすべて試してみるぐらいの勢いでいきましょう!