book00503

職場で家庭で酒席で、食べものの話はよく話題に上ります。●●が効くらしいよ、××はやばいってよ‥‥。でも、世間には残念ながら間違った情報があふれているのです。食の分野は昔から、ニセ情報、フェイクニュースだらけです。そんな話を聞いた時、「何か変だ」と思えるか?リテラシーが問われます。

水素ガスを吸い込む治療は‥‥

水素ガスの吸入もあくまでも医師の管理下で行う場合の話で、しかも研究途上です。ところが、水素を吸入すれば「美容にいい」「がんを克服できる」などのうたい文句で、繁華街に続々と「水素バー」「水素サロン」などがオープンしているのです。そんな根拠は全くありません。もし、吸ってよくなっているとしたら、「機能性」ならぬ、「気のせい」でしょうか。ちなみに、有名女優さんが引き出物で配った装置は、お風呂などで水素を発生させるもので、アトピーを緩和させるとか農薬を除去できるなどと宣伝されています。でも、その根拠が、学術論文などで発表されているわけではなく、これも個人の「気のせい」の可能性が濃厚です。

水素水を生成する装置とかアマゾンで検索して見ると軒並み定価から大幅プライスダウンしてて笑えるんだけど。効果が薄いことが判明したせいか、フェイクニュースに踊らされていた人たちが我に返ったせいかww セレブがすすめる健康器具や健康食品なんかは流行に乗っているだけで、効果が全くなかったり、ただのプラシーボ効果だったりすることが多いような気がする。ブームがさったら、高額だった水素水発生装置が10分の1ぐらいの値段でたたき売りされることに。それでも値段が下がってきたならと騙される人も少なからずいる。効果が曖昧なものをセレブに勧めさせることで高額商品を売って荒稼ぎし、ブームがさったら、情弱相手に商売するといった具合。僕はどちらかというと情弱の部類に入るので人のことは言えないが‥‥。

イマイチ効果が見えないような気がするウコン製品

二日酔い防止の作用については、ウコン製品を販売している企業は「アルコール代謝を改善する効果あり」と主張しています。しかし、信頼性の高い試験とは言えず、まだ「可能性があるかも」という程度です。本当に効き目があるのなら、医薬品にするために多額の研究費をかけて厚生労働省の承認を受け売り出しても不思議はないでしょう。だって、少々高くても効くなら飲みますよね。爆発的ヒットになるはず。でも、そうなってはいない。こんなところも、判断するポイントになるでしょう。

よくCMでなんだかなぁと思うのが、臨床試験データWebで公開中というもの。そんなの販売する企業に有利なデータしか載せてないだろうからイマイチ信用できないし、もっともらしいデータを載せとけば、医学的知識に乏しい僕らはころっと騙されてしまう。データを読み解くベースにある知識が足りていないんだから当然だ。こういった穿った見方しかできない僕はWebの臨床試験データなど見るためホームページを閲覧したりすることはない。

繰り返される単品ダイエット流行の愚

朝バナナダイエットを覚えていますか?インターネットで火が付き、テレビ番組で特集され、〇八年ごろは大変な話題となりました。これも科学的根拠はありませんでした。科学者から見ると噴飯物のブームです。でも、テレビ番組の中で何より説得力があったのは、朝バナナダイエットをしたという女性歌手が、一カ月半で七キログラムも痩せたという告白です。この歌手はもともと体重が百キログラム以上もあったとのこと。

こういった繰り返される単品ダイエット流行の愚は至る所で見られ、メディアもその単純さからすぐに飛びつきダイエット特集と銘打ち番組を作成。この類のダイエットはすぐにリバウンドするため、やはりダイエットの王道は食事制限と代謝を上げるための運動などということになる。ちなみに僕が行った「高温反復入浴法」も代謝を上げる入浴法です。この方法で19kg痩せました。ちなみに元の体重は80kg目前でしたし、糖質制限と軽い運動も並行して行っていたため、それを割り引いて記事を読んでくれると助かります。一番体重が落ちた時は167cmで55kgまで落とせましたが、なんだかげっそりした感じになってしまったので、現在は少し体重を戻し60kg程度です。流行のダイエット法が出てきても惑わされずに王道で体重減を目指しましょう。

消化されてしまいます、酵素ドリンク

酵素ドリンク、酵素ジュース、グリーンスムージー‥‥。生の酵素をとると、体の中で代謝を促してくれるという情報が氾濫しています。でもそれはウソ。酵素はたんぱく質です。肉や魚、卵と同じで、消化され分解されてしまうのです。

何度かのブームを経て女子たちの間では酵素ドリンクや酵素ジュースが浸透し始めたのは2010年ごろ。ダイエットにいいとか、綺麗になるとか盛んに効能が謳われました。結論から言うと市販の酵素ドリンクや酵素ジュースにてを出すのはやめた法が良い。

科学的根拠が希薄な健康商品が氾濫する現代、流行っているからとすぐに鵜呑みにして高いお金を払うのではなく、科学的裏付けがあるのかどうかまで調べるというステップを踏みことが騙されない秘訣とも言える。科学的根拠が薄い場合、その流行のものに対し反論がWeb上にアップされます。グーグルで調べて見るとそういった情報も有益な情報ということで上位にきたりしています。自分で情報を選別しながらうまく良いものだけ取り入れたいですよね。